FC2ブログ

ワクワクのつまった記事をお届け。(できるよう心がけています)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←ポチっとしてくれたら嬉しいです><
あなたの一押しで記事が面白くなっていきます;;
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こんな車掌さんどうですか? 

皆さんこんにちはTERUです。
お花見はしましたか?近所の桜は8分咲きまできました!
室内でマンガを読むのもいいですが
是非!お花見をしながらマンガを読んでください!
ん?ちょっとちがう?
ではいってみましょう!!


環状白馬線車掌の英さん (花とゆめCOMICSスペシャル)

<環状白馬線車掌の英さん>
都戸 利津先生


 <物語>

 『大きく円を描いて市内を循環する環状白馬線には車掌の英さんが乗っています
"ねぇ知ってる?あの車掌さんの電車に乗った人はね―――…"
それは誰も知らない物語
英さんの電車に乗ったある3人のお客様の物語です』



お話はあの車掌さんの乗った電車。
だけど、そこではなにも生まれない
でも人と街をつなぐことで生まれる何かがある
"何か"を誰も知らないだけで。
車掌さんはお客さんとの距離を他人のままにする。
他人だったらいつでも乗れるしいつでも降りる事ができる。
そこには自由があり、他人には自分がどこに行くか知られたくないもの。
初めてのお客さん、毎日乗るお客さん、遠くへ行くお客さん、近くまでのお客さん。
どれが大事?
車掌は車掌。お客さんはお客さん。
初めてでも毎日でも同じお客さん。
"乗るのも乗らないのもお客様次第です"
そして"何か"が生まれる。

そんな事の繰り返しで生まれた"何か"が新しく生まれた"何か"と巧くからみ
また新しい"何か"が生まれる。
そしてその"何か"は…

都戸先生の表現の仕方、画からの表し方、どれもこれもとても巧いです!
私からのお願いを言うと
まず手にとって最初に読んで欲しい!!!
そして読み終わった後の感覚に浸って欲しい!




環状白馬線車掌の英さん (花とゆめCOMICSスペシャル)環状白馬線車掌の英さん (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2009/01/19)
都戸 利津

商品詳細を見る
スポンサーサイト

←ポチっとしてくれたら嬉しいです><
あなたの一押しで記事が面白くなっていきます;;
[ 2010/04/06 19:07 ] マンガ | TB(1) | CM(1)
プロフィール

 TERU

Author: TERU
好きな物:漫画 一部小説 アニメ 他多数

まだまだ未熟ものなので、
オススメの漫画言っていただければ
読んでみます。
今後好みの漫画を紹介する予定
不適切な事があれば、
各記事のコメントに
書き込んでください

メニュー
カウンター再始動!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。